少子高齢化社会が問題視されていますが、視点を変えれば若者にとって大きなチャンスの到来です。

福祉や介護、育児といった分野では若者向けの高待遇求人が豊富に掲載され始めています。

安定感があるお仕事としては、保育士も評価が高いです。



子どもと話すのが得意な方、福祉や看護系の専門学校に通っている方には特におすすめな求人になります。

livedoorニュースが最近こちらで話題になっています。

かつては待遇の悪さが問題となりましたが、近年では少子高齢化社会になった結果、地方自治体や国の方が積極的に福祉分野の充実をサポートしています。



もちろん保育士の増加を支援する政策も実施されており、かつてに比べて求人を募集する施設数が増えていますので、応募すれば、非常に良い条件で雇用される可能性大でしょう。

保育士は専門職であり、一度その分野に進めば、後は個人の努力でキャリアアップ出来ます。

現場のスタッフから、指導者や経営者のポジションまでキャリアアップした保育士の方もいます。

また引っ越しや結婚に強い職業です。


暮らす街が変わっても、保育関係の仕事なら新しい場所でもスタッフ募集中の施設が必ず見つけられます。
更に結婚後、OLの女性はお仕事をやめなければいけない風潮がまだまだありますが、保育士のお仕事なら、ママになっても、そのまま勤務可能です。


反対に育児経験がある女性は保育の現場で戦力とされますので、施設の方からいわゆる寿退社を強いられる恐れはありません。


一時的に育児休暇を取り、その後再び、スムーズに職場復帰出来るのも、保育所のお仕事の良いところです。