結論から言うと、育児と保育士の仕事を両立させるのは簡単とは言えません。保育所は私立と公立に分かれており、私立の保育士は結婚後は辞める人が多いです。逆に、公立の保育園だと結婚後も保育士を続ける人が多いです。

公立は公務員の位置付けで働けるので、産休や育休が保障されている可能性が高いからです。
逆に言えば、公立は出産したという理由で退職しづらい職場環境だということもできます。



育児と仕事を両立させたいのならば、職場の福利厚生が充実しているかどうかを確認しておきましょう。


同じ職場で育児と両立させている人がいれば、両立できる可能性は高いです。

もちろん、私立だからといって必ずしも辞める必要はありません。

出産してから戻って来る人もいます。

保育園の方針によっては、保育士への理解が深くて続けやすい環境を提供してくれる可能性もあります。
もしくは、育児で一番手のかかる乳幼児期がひと段落してから、もう一度働くということも不可能ではありません。一度育児をした経験がある保育士に子どもを預けたいと希望する親も、なかにはいます。



どうしてもフルタイムでは両立が難しいならば、アルバイトやパートで短時間働くという方法もあります。
アルバイトやパートの求人は多いので、資格を持っている人ならば高確率で採用してもらえます。

アルバイトやパートであっても、子どもの命を預かるという責任には違いがありません。

気軽に教えて!gooの検索がとっても楽になりました。

なので、正社員と同じ気持ちで責任を持って働くことが求められます。