保育士は、保育園だけで働いているわけではありません。


病棟保育士という、入院している子どもに接する医療系の働き方もあります。

病院勤務で働き、入院中の子どもの身の回りの援助、お世話、などが仕事です。

このリクナビNEXT JOURNALに関する予備知識の情報が満載です。

仕事内容は通常の保育園と同じですが、看護や医療の専門知識もある程度学んでおく必要があるという点が異なっています。
学んでおくべき医療知識には、子どものアレルギー、病気、などの体のことと、カウンセリング、児童心理学、心理検査方法などの心理学です。病棟保育士になりたいという人が増えている一方で、求人はそれほど多くありません。働くには保育士の資格が必要で、資格を取得してから、求人を行っている病院を見つける必要があります。

需要が少ないので探すのは大変ですが、保育経験のある人は優先して採用される傾向があります。

数年は保育園に勤務して経験を積み、募集を見つけたら試験や面接を受けてみるという方法が、一番確実です。



募集を探すには、ハローワーク(公的機関)、病院のホームページ、病院とのコネ、などを確認してみると良いでしょう。

コネがある人以外は、求人情報をこまめにチェックすることが大事です。病院で働くといっても、看護や医療は行いません。ただし、医療保育士という職業は看護経験のある人が採用されていることが多いです。

こちらは病棟保育よりも、看護面の仕事や役割が重い傾向にあります。入院中の子どもはとても繊細なので、臨機応変に対応していく必要があります。